Blog

SHANTIの日常。
思うことなど
いろいろと・・・。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日記
  4. 意識改革

意識改革

 

1月5日(金) 晴れ

 

今日からスタジオは通常スケジュール。

お正月モードから
完全に通常モードになりました。

 

 

みなさまいかがお過ごしに
なられたでしょうか?

 

 

そして

今日もこのブログを
読んでくださっているみなさま
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

新年3日から始動しているSHANTI。

 

 

 

久しぶりにスタジオでヨガをした後の
みなさんの表情は

 

 

 

 

いつも以上に
すっきりとして晴れやか…

 

 

帰る後ろ姿も
姿勢がすっと整ったような感じ…

 

 

 

 

改めて

ヨガって心も身体も
満たしてくれるありがたいものなんだと
実感させられております。

 

 

 

 

 

 

「不良姿勢の改善」

 

ヨガを通して
私が「できたらいいなぁ~」と
思っていることの一つ。

 

 

 

猫背、反り腰、側弯、ストレートネックなど

 

不良姿勢と一言で言っても
様々なものがありますが

 

今日スタジオに来られた
SHANTIメンバーさまは

 

「巻き肩」が気になるとのこと。

 

 

 

 

 

まず「巻き肩」とはどういう状態かと言うと

 

両腕が身体の真横より
前方に入り込んでいる状態のこと。

 

常時 腕が前に出ることで
背中が丸まった状態となり
「巻き肩」から「猫背」も誘発される・・・
#その逆も

 

 

つまり

「巻き肩」と「猫背」は
セットになることが多いのです。

 

 

 

 

身体の構造上
背筋がまっすぐ起き上がっている状態では
肩甲骨は広がらないので
「巻き肩」になりません。

 

 

試しに
椅子に座って背中を丸めてみていただくと
わかりやすいと思うのですが・・・

 

骨盤が後ろに傾いて背骨が丸まると

自然と肩甲骨が広がって
「巻き肩」になりますよね。

 

 

 

この状態を継続すると・・・

 

 

 

背中はつっぱり
肩関節の周辺が固まり、
硬直した状態になります。

 

 

 

硬直した筋肉を
無理やり動かすことで

肩こりだけでなく
年齢肩や頸椎ヘルニアに
繋がる可能性もなくはありません。

 

 

 

 

 

じゃあ

どうすれば改善できるのでしょう~

 

 

 

 

 

長年「猫背&巻き肩」の方は

 

骨格的な部分だけでなく
姿勢をつかさどる脳自体が

「猫背&巻き肩」を「しやすい姿勢」

 

「しやすい」と認識している脳に
なってしまっているので

 

 

 

脳自体に

「背骨をしっかり伸ばした方が楽だよ」

と教えてあげて、
その認識を変えなければなりません。

 

 

 

私は

まさにそれがヨガなのかなと思います。

 

 

 

 

「巻き肩」を改善したい方は
「肩」だけの問題ととらえず

 

しっかり背骨を伸ばすことだったり
意識改革から取り組むことを
おすすめしたいです。

 

 

2024年
みなさまの姿勢が
少しでも整いますように。。。

 

 

 

本日もご高覧いただきありがとうございました。

 

★追記★

SHANTIのみなさまへ。。。

SHANTIでは「SHANTI Online salon」にて随時タイムリーなお知らせをさせてもらっています。
HPにもお知らせは随時掲載していますが、HPに掲載するほどではないちょっとしたお知らせも日々あります。
ぜひSHANTI Online salonへ入室できる登録がまだの方はお手数ですが登録(無料)にご協力お願いいたします。

オンラインサロン


こちらもご覧ください。https://shanti-yoga.jp/diary87

関連記事