Blog

SHANTIの日常。
思うことなど
いろいろと・・・。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタジオレッスン
  4. ヨガしてるのになぜ?

ヨガしてるのになぜ?

 

5月22日(水) 晴れのちくもり

 

今日は雲の多いむし暑い一日でした。

 

みなさまいかがお過ごしに
なられたでしょうか?

 

 

そして

今日もこのブログを
読んでくださっているみなさま
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

「ヨガをすると身体が柔らかくなりますか?」

 

 

 

「よくある質問」の代表みたいなこちらの質問。

 

 

 

 

自分自身の経験で言うと
自信をもって「Yes」なんですけど

 

いろんな方を見てきた側の経験で言うと
「Yes]とは言い切れないので

 

返答は慎重にするようにしています。

 

 

 

 

でも

 

そもそも
身体は何故かたくなるのでしょう・・・

 

 

 

「生まれつき」「加齢」

 

 

 

そう思われている方が多いのかもしれません。

 

 

ですが

 

実際はこれら以外の要素が
影響していることが多いんです。

 

 

 

 

まず知っておきたいのが

 

筋肉の「揺変性(ようへんせい)」という性質。

 

 

揺らしたり、かき混ぜたりすると柔らかくなり

放置すると
時間の経過とともにかたくなろうとする

 

 

 

イメージ的には
コンクリートやセメントみたいな・・・

 

そんな性質。

 

 

 

 

 

つまり

 

筋肉は

 

伸びたり緩んだりして
揺さぶられると柔らかくなり

動かさないでいるとかたくなってしまう

 

ということ。

 

 

 

 

さらに

 

関節内の潤滑液にも同じ性質があるため

動かさないでいると
筋肉と関節の両面から身体をかたくしてしまう

ということになるんです。

 

 

 

 

じゃあ

ヨガや運動をしていれば
「身体は柔らかくなる」はずなのに
「ならない」場合は何が原因なんでしょう。。。

 

 

 

 

それはおそらく

 

 

 

 

強く筋肉を伸ばしたり
引っ張り続けたりして

ギュッと力をこめ続けているような

 

身体が緊張しっぱなしの状態に
なっているからなのではないかと
考えられます。

 

 

 

ヨガのポーズで言うと

 

 

強引に手を繋いだり

 

 

肘をかけたり

 

 

無理に身体を倒そうとしたり

 

 

 

そういうポーズのとり方をすると
呼吸もおろそかになって

伸ばしているつもりが
逆に
抵抗しているような状態に
なってしまいます。

 

 

 

 

長い時間 歩いたり 走ったり・・・

 

同じ動作を繰り返すような運動でも

お尻とか、同じ筋肉ばっかり
緊張させて酷使することで
そこがかたくなってしまいます。

 

だから

 

その後ちゃんとゆるめてあげるような
ストレッチやヨガのポーズは必須なんです。

 

 

 

 

 

私の感覚では

 

頑張り屋さんほど
かたくなるアプローチをしがち

 

そう思うので

 

お心当たりがある方は

もう少しゆったり呼吸して
リラックスすることの方に
意識を向けて・・・

お時間が合えば
ゆったりポーズをとる
陰ヨガのクラスにも
ぜひ参加してみていただきたいです。

 

 

 

私も
みなさまの身体と心の緊張が
緩むようなレッスンを
今一度心がけたいと思います。

 

 

 

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

 

★追記★

SHANTIのみなさまへ。。。

SHANTIでは「SHANTI Online salon」にて随時タイムリーなお知らせをさせてもらっています。
HPにもお知らせは随時掲載していますが、HPに掲載するほどではないちょっとしたお知らせも日々あります。
ぜひSHANTI Online salonへ入室できる登録がまだの方はお手数ですが登録(無料)にご協力お願いいたします。

オンラインサロン


こちらもご覧ください。https://shanti-yoga.jp/diary87

関連記事