Blog

SHANTIの日常。
思うことなど
いろいろと・・・。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日記
  4. 29年前の今日

29年前の今日

 

1月17日(水) 晴れ

 

今日で阪神淡路大震災から29年。

 

みなさまいかがお過ごしに
なられたでしょうか?

 

 

そして

今日もこのブログを
読んでくださっているみなさま
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

1月17日。。。

 

 

毎年この日は決まって
「阪神大震災」のことを
ブログで綴っているような気がします。

 

 

 

 

と言いますのも

 

短期大学部の1年生だった
29年前の今日

私は兵庫県西宮市の学生寮で
阪神淡路大震災を体験したから。

 

 

 

 

29年もの月日が経っても
その時のことは鮮明に覚えていて

 

 

今朝 日課のジョギングをしながら
「ちょうど今くらいの時間だったなぁ~」と
当時のことを回想してました。

 

 

 

私が被災したのは
学生寮の5階の4人部屋

2段ベッドの上段。

 

 

 

 

プライベート空間は
各自の寝床のところだけ
だったこともあり

 

みんな本やラジカセなど
とにかくいっぱい物を置いていて

 

 

揺れがおさまって
カーテンを開けた時

全員ぐちゃぐちゃになった
現場から顔を出して

 

 

 

 

「今の地震だよね」

「怖かった~」

「けがしてない?」

 

そんな会話をしたのを覚えています。

 

 

 

 

 

まだ携帯電話がない時代でしたから
寮にある公衆電話が
大行列になっていたこととか・・・

 

 

一時近所の小学校に避難して
みんなでカレーを食べたこととか・・・

 

 

食堂の大きい冷蔵庫が
倒れていたこととか・・・

 

 

災害に対する知識がなさ過ぎて
洗濯しようとしたら水が出なくて
「なんで?」と思ったこととか・・・

 

 

 

 

 

結局

 

「帰れる人から帰りましょう」

 

 

寮母さんにそう促されて

 

被災して2日後には
落ちた阪神高速を見ながら
3駅~4駅くらい先の
動いている電車の駅まで歩いて

兵庫県の北の方をまわって(福知山線?)
なんとか岡山まで帰ったので

何日も過酷な避難所生活を
送ったわけでもなく・・・

 

 

 

今思えば

「ボランティアの一つでもすればよかった」

そう思います。

 

 

 

 

 

その反省と経験を通して
深く心に刻まれて

 

29年経った今も
変わらず大事だと思っていることは

 

 

やっぱり

 

仲間や友達

「人との繋がり」かな~と思います。

 

 

 

 

もしあの時
一人暮らしだったら。。。

 

もっともっと大変だっただろうし
不安で怖かったでしょうね。

 

余震もかなり続いたので。

 

 

 

まわりに誰かが居てくれることが
どれだけ心強かったか、、、。

 

 

 

 

 

 

今も災害で
大変な思いをされている方がいて

 

明日は我が身 と言うか

 

災害がいつ?どこで?起こるか
わからない時代・・・

 

 

 

常日頃から
「人」を大切にして

助け合える仲間がいるような
生き方をしようと思いました。

 

 

 

 

 

本日もご高覧いただきありがとうございました。

 

★追記★

SHANTIのみなさまへ。。。

SHANTIでは「SHANTI Online salon」にて随時タイムリーなお知らせをさせてもらっています。
HPにもお知らせは随時掲載していますが、HPに掲載するほどではないちょっとしたお知らせも日々あります。
ぜひSHANTI Online salonへ入室できる登録がまだの方はお手数ですが登録(無料)にご協力お願いいたします。

オンラインサロン


こちらもご覧ください。https://shanti-yoga.jp/diary87

関連記事